会社に必要な印鑑

イメージ画像

皆さん、こんにちは。
本日は、会社に必要な印鑑についてのお話をしたいと思います。
一般的には、3本の印鑑を用意する事となります。
会社代表印、会社銀行印、角印の3本となります。

まず、会社代表印ですが、これは唯一、法務局へ届け出を行うはんことなります。
印字部分は、丸の外枠と内枠に分かれていて、外枠には会社名や商店名等が入ります。
内枠に関しては、代表取締役印等が入ります。
なかなか解読できないように書体を篆書体等にしておりますので、なかなか読みにくいと思いますが、よく目を凝らすと分かると思います。

次は、会社銀行印ですが、見た目は、会社代表印と似たような感じになります。
外枠部分は会社代表印と同じで、会社名や商店名が入ります。
内枠に関しては、代表取締枠印ではなく、銀行乃印と入れます。
また、会社代表印と区別するため、サイズをちょっとだけ小さくしています。

最後に角印ですが、これは名前の通り、四角い印鑑となります。
サイズに関しても1辺が24mmと上のはんこに比べて大きいです。
使用としては、請求書や見積書といったものに使用します。
印字部分は、会社名のみとなります。
会社の認印的な役割を担っています。
これがよく社印と言われる事が多いです。

これら、3本に関してははんこ屋さんで、法人印3本セットと呼ばれていて、各はんこを個々に購入するより、かなりお得に購入できるように設定されています。
特に、会社代表印に関しては、長年使用しますし、はんこ屋さんに相談して、はんこの材質等よいものを購入する事をお勧めします。

印鑑の起源
http://www.checofilmfest.org/

このページの先頭へ